カテゴリー: 未分類

子育て中の薬剤師

さて、次に女性の薬剤師に限定して考えてみます。子育て中の薬剤師というのはどのくらいいるのでしょう。キャリアがありながら子育てや家事に時間を取られてしまい、仕事復帰のタイミングを計りかねているという人もいるでしょう。出産や育児により仕事を離れた薬剤師は、子供が何歳くらいのときに仕事復帰をしているのでしょうか。これもまたアンケート結果を参考にしてみますと、 圧倒的多数を占めているのが、子供が0~2歳の間に復職しているケースです。続いて、子供が幼稚園児の間に復職しているケースで、このいずれもが子供が未就学児のうちに仕事復帰をしていることが分かります。これは薬剤師としてのキャリアにブランクが空きすぎのを最小限に留めようとする表れでしょう。子育て中の薬剤師が大切に考える職場環境とは、急な休みにも対応できるヘルプ体制です。子供の急な発熱や怪我などに対応していないような職場ですと、安心して働くことができません。産休や育休についても、いくら法律で定められていても、実際に気兼ねなく取得することができなければ、ないと同じです。しかしながら希望に合う職場を一人で見つけるのは容易なことではありませんので、先のような人材紹介会社を利用してみてはいかがでしょう。インターネットを利用すれば、育児の傍ら家にいながらにして詳細な相談や求人が行えます。

働きやすい職場とは

高収入にこだわるのはもちろん悪いことではありません。しかしその他にも、一日のほとんどを過ごすことになる職場ですので、働きやすさや快適性というものが求められるのではないでしょうか。薬剤師が働きやすい職場とはどのようなものでしょう。ここで500名の薬剤師に行ったアンケートがありますのでご紹介します。

若い年齢の人ですと、職場の人間関係というのが気になる第一位に選ばれています。しかし年齢を経るごとにその数は減少し、業務内容が自分に合っていると思えるかなど、仕事内容の適性が重視される傾向にあります。60代以降になると再び人間関係が重視されているようですが、いずれも男性の場合で、女性の場合ですと年齢を問わずに人間関係を重視する人がほとんどです。処方に関する精神的な負担や、業務に関する裁量、処方する枚数などの業務内容の面は比較的気にしませんが、その代わりに福利厚生面が充実しているかどうかはとても気になるようです。自由に休みが取れるかどうか、自宅からの通勤距離や、昼休みの長さなどが挙がっていますが、やはりそのような面は、職場で長く働き続けるには見過ごせない重要な要素といえるでしょう。人材紹介会社を利用しますと、理想の人間関係などをヒアリング調査したうえで、求人を出す事業者に確認と交渉を行ってもらえるので便利です。

人材紹介会社を利用

薬剤師の年収について少し記してみましょう。平成23年の厚生労働省の統計データによると、薬剤師の平均年収は500万円となっています。これは一般企業に比べて高い年収になっていることが分かります。働いて手にする収入というのは、薬剤師としての仕事をするうえでのやりがいに結びつきますので、できることなら少しでも高収入の職場を見つけたいと思う人は多いのではないでしょうか。そこで年収アップに繋がるためのアドバイスをお教えしましょう。

転職をするとき、あなたはどのような方法で職場を探していますか。知り合いのつてを頼る人、ハローワークに登録する人など、その方法はさまざまでしょうが、お勧めなのが人材紹介会社を利用する方法です。勧める理由は、プロのコンサルタントが過去の実績や経歴を非常に分かりやすく有利にまとめてくれることや、年収などの交渉を第三者の冷静な視点で行ってもらえること、表に出ていない非公開の求人情報を保有しているケースというのもありますので、利用して損はないといえましょう。キャリアに自信のある人はもちろんのこと、経験は浅くても自分自身を最大限アピールしたいという人なども、一度そのような人材紹介会社を利用してみてはいかがでしょうか。

TOPIC◇http://pharmacist.carrier-field/

薬剤師の求人難

健康を守り維持するために、私たちはたびたび町の薬局を訪れます。病院の診察後に薬が処方される場合もあります。そのような薬局には、薬についてのきちんとした知識のある専門の薬剤師が常駐し、服用にあたっての注意点などを丁寧に説明してくれます。さて、その薬剤師について大まかに説明しますと、日本で現在この資格を得るには6年制の薬学部を卒業した後に薬剤師の国家試験に合格しなければなりません。その後に薬剤師名簿に登録申請を行い、薬剤師の免許が貰えるというしくみです。

免許を手にした後の働き口は次のとおりです。病院や診療所、調剤の専門薬局、学校の薬剤師といった私たちにも馴染みのあるものから、医薬品の製造販売業に従事するもの、麻薬取締官や薬学部教員になるといったケース、また、新薬の研究開発にあたる人もいれば、地域の保健所の職員として働く人もいます。このように活躍の場は幅広くあるのですが、近年は薬剤師の求人が減少しているとの見方があります。2009 年に登録販売者制度が導入されたことにより、第二類および第三類一般用医薬品を販売するには、登録販売者がいれば薬剤師は常駐しなくてもよいことになりました。

もともと、我が国は先進国中では最も高い薬剤師数を有していたのですが、その需要もそろそろ頭打ちになるのではないかといわれています。厚生労働省がとりまとめた報告書の粗い試算によると、2027年には薬剤師は40万人となる予測ですが、需要は29万人ほど、11万人もの余剰が出るとの計算です。このようなことから薬剤師を取り巻く求人状況はひっ迫しています。今の時代、せっかく手にした薬剤師という職を活かすには、どのような選択をするべきでしょうか。効果的な求人の探し方はどのようにしたらよいのか、一緒に探ってみましょう。