子育て中の薬剤師

さて、次に女性の薬剤師に限定して考えてみます。子育て中の薬剤師というのはどのくらいいるのでしょう。キャリアがありながら子育てや家事に時間を取られてしまい、仕事復帰のタイミングを計りかねているという人もいるでしょう。出産や育児により仕事を離れた薬剤師は、子供が何歳くらいのときに仕事復帰をしているのでしょうか。これもまたアンケート結果を参考にしてみますと、 圧倒的多数を占めているのが、子供が0~2歳の間に復職しているケースです。続いて、子供が幼稚園児の間に復職しているケースで、このいずれもが子供が未就学児のうちに仕事復帰をしていることが分かります。これは薬剤師としてのキャリアにブランクが空きすぎのを最小限に留めようとする表れでしょう。子育て中の薬剤師が大切に考える職場環境とは、急な休みにも対応できるヘルプ体制です。子供の急な発熱や怪我などに対応していないような職場ですと、安心して働くことができません。産休や育休についても、いくら法律で定められていても、実際に気兼ねなく取得することができなければ、ないと同じです。しかしながら希望に合う職場を一人で見つけるのは容易なことではありませんので、先のような人材紹介会社を利用してみてはいかがでしょう。インターネットを利用すれば、育児の傍ら家にいながらにして詳細な相談や求人が行えます。